マジで仮想通貨の勉強はしたほうがいいよ

この記事は4分で読めます

今回はマジで仮想通貨の勉強はしたほうがいいよって話をしたいと思います。

仕事場でたまたまビットコインの話が出てきたので

簡単に話をしました

ほんとにさわりの部分しか話していないのですが

異様に感心されるか異様にいぶかしまれるかの2択

意識が低いんですね皆

まるで対岸の火事のように俺には関係ないといわんばかりで少々驚いています

ですがついに仮想通貨は溝を越えたのです。

爆発的に広まる溝(キャズム)を超えたのでマジで本腰入れて勉強したほうがいいと個人的に俺は思います。

下に図を入れたんですが

物が流行るから定着するまでを簡単に表した図がこれです

物事が流行るかはやらないかはここの16%キャズムの壁があるのですが

現在日本は18%つまり突破しました。

 

簡単に説明すると

イノベイター

誰もやらないところまで情報を手に入れる人

新しいものについては損得ほぼなしで即飛びつきます。

革新的、イノベーションと言う言葉が大好きで

夢想家、天才的とあがめられてるか理解できない人間に馬鹿にされてるかの2択な人

当然真っ先にはじめるもんだからこうゆう人の言うことには根拠はない。

アイフォン欲しさに予約の日は仕事休んで

PCの前でアップルストアのHPリロードしまくり

仕事サボって夜通し並んで購入するような人です。

マックブックどころかアップルウォッチをつけて

わからない相手に怪訝な顔されるのもご愛嬌な人だ。

 

アーリーアダプター

即に言うインフルエンサーあたりはこのあたり

身の回りにいそうな感じだと

海外ブログまであさって海外モデルをあさる意識が高い系の女子は大体この属性

あとは今ニューヨークでは…みたいに言い出す

俺ファッションの最先端知ってます感露骨に出す店員さんとかはこの属性です。

アイフォンは当然持っててマックブックカフェに持ち込んで

これ見よがしに仕事してるような感じと言えばわかるでしょうか

 

この間には大きな溝ができる

でここのキャズムを超えてくると今度出てくるのはこうゆう人

 

アーリーマジョリティ

ちょっとミーハーな人がこの辺

みんなより少し早めにアイフォン買ってドヤ顔してるのがこの辺

ダサいって言われるのはいやなんだろうけど

挑戦的な部分は少なく流行りに乗るタイプ

国内のモデルあたりはきちんとチェックしてるけど

ミランダカー追っかける元気はない。

このブログを見つけた方は最低でもこのあたりだとおもいます。

 

レイトマジョリティ

よく考える購入層

みんな持ち出したからじゃあ俺も…という感じ

世の中の流れにはあまり興味はないものの

おいていかれることは嫌がるため購入

この辺の人の特徴として主体性はほぼなく

アイフォンだって別に欲しかったわけじゃなく

みんなが持っているからと言う理由で持っている。

最初に持ったのがこちらだからと言う理由で

アンドロイド持ってるのもこの層

 

ラガード

自分が気に入ったものしか購入しない

ガラケーとかでもぜんぜん平気

流行おくれ?気にしない

必要性が感じない=導入しない

こうゆう感じです。

古着でおしゃれではなく古いデザインの服とかでも平気で着ちゃうし

OSだってサポート切れても変えないとまずいPCそのまま使うような人のことをいいます。

 

仮想通貨はアーリーマジョリティーの一部に火がつき始めた所です。

 

このことに何が問題なの?

そう思う方もいますがこれ大問題です。

つまり仮想通貨は日本全国の多くの方に認知され、

時代の流れとして新しい生活の根幹を担っていく

それは世界が、そして日本がキャッシュレス社会に向かっているから

この一言に集約されます。

つまり現金が使えなくなるわけです

そもそもお金っていうのは何なのか?

国が「紙や金属に価値と言う名の保証をつけた」だけのものです。

紙や金属に保証が付いているから物を手に入れることができます。

ですがこのことが問題を起こすのも事実です。

強盗や脱税またテロ行為に現金が絡み

これらを封じるためにキャッシュレスの社会に世の中は進んでいくでしょう。

特に東京オリンピックが行われる2020年には大きく進むと思います

お金の価値として巨大な石→綺麗な貝殻や絹、米→計量貨幣→三貨制度→紙幣

ダウンサイジング、所望性、利便性…

こんな感じの進化を遂げて

これからクレジット、デビット、仮想通貨オンリーの時代にパラダイムシフトがおこっていきます。

偽造が難しい紙幣や貨幣をつくるのにコストがバカ高いのがなくなる(キャッシュレスなら0円で解決)

強盗が防げる(金の現物がないから奪いようがない)

脱税の心配がない(金の流れの追跡が可能、取り立てもお金が入ったタイミングで行える)

テロリストの動向もつかめる(どう動いて何を買ってもまるわかり、まずいもの買えば即逮捕も可能)

人件費が大幅削減可能(レジ打つ人間やお金の回収する人間は軒並みいらなくなる)

お金の振込みをスピーディかつダイレクトに可能(従来の流れだとお金を動かす際にいろいろめんどくさい)

デジタルな進化を遂げたお金がメインストリームとなり

アナログな貨幣文化はサブを担うパターンとなるでしょう。

日本銀行券自体が滅ぶことはないでしょうが日常生活で使うことは少なくなり

物の値段を決める評価のための単位になるということです

メートルとかキログラムとかの単位と同じ感覚になる

防犯の関係上一万円を持っていくと

「高額紙幣は使えないよ」といわれ追い出されてしまう

こうゆう未来が待っていてもおかしくありません。

断言していいのは

キャッシュレスは時代のメインストリームになっていくと思っています。

これは生活の根幹のルールがガラッと変わる

今までリバーシで遊んでいたのにいきなりチェスで遊ぶ

それくらい生活の根幹とルールが変わってしまうのです

こんな状況にきちんと慣れておくべきだと思います。

それを甘く見ていると

ネットリテラシーやネットの防犯意識が低い人たちが

痛い目にあっているのも事実なのでそこを含めて丁寧に学ぶべきだと思います。

記憶に新しいコインチェックのネムのお話も

俺から言わせてもらえば「馬鹿丸出し」です。

またこうゆうお話もしようかなと思います。

俺が学んでいる仮想通貨のブログでもっと学んでみたい方はこちらをのぞいてみるといいです。

俺が知る限り誰よりも丁寧に説明されています。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。